代替燃料争奪戦も 新型機開発、急務に 航空業界の脱炭素化

 1人を1km輸送する際のCO2排出量
 1人を1km輸送する際のCO2排出量
旅客機は鉄道と比べ乗客1人当たりの二酸化炭素(CO2)排出量が多く、環境意識の高まりから航空業界への風当たりが強まってきた。脱炭素化の取り組みが遅れると競争力が低下しかねず、化石燃料に代わる再生燃料(SAF)は航空各社の争奪戦になる可能性が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録