航空燃料、脱炭素へ 廃油や植物で排出削減 日米欧も対策強化

 航空各社の主な脱炭素の取り組み
 航空各社の主な脱炭素の取り組み
【ロンドン共同=宮毛篤史】世界の航空各社が廃油や植物を原料とする再生燃料(SAF)への転換を図っている。従来のジェット燃料と比べ二酸化炭素(CO2)排出量を最大8割減らせる。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの普及で車の環境対応.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録