黒にんにく「機能性表示食品」取得の動き広がる 青森県内業者連携、PRに力

機能性表示食品として販売される黒にんにく。ブランド力のさらなる強化が期待される(写真上)機能性表示食品の申請状況などが報告された「黒にんにくミニサミット2021冬」=2021年12月、八戸市(写真下)
機能性表示食品として販売される黒にんにく。ブランド力のさらなる強化が期待される(写真上)機能性表示食品の申請状況などが報告された「黒にんにくミニサミット2021冬」=2021年12月、八戸市(写真下)
新型コロナウイルスの感染拡大を機に、健康食品として注目が高まる黒にんにく。ニンニクの輸入量が減るなど流通も変化し、国産の価値が見直される中、国内有数の産地の青森県では、健康効果をアピールできる「機能性表示食品」の取得を目指す動きが、加工販売.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録