帰省Uターンがピーク 駅や空港、混雑も笑顔 新変異株拡大に懸念の声

 年末年始を古里や行楽地で過ごした人などで混雑するJR東京駅の新幹線ホーム=3日午後
 年末年始を古里や行楽地で過ごした人などで混雑するJR東京駅の新幹線ホーム=3日午後
年末年始を古里や行楽地で過ごした人のUターンが3日、ピークを迎えた。新型コロナウイルス禍前ほどではないものの、駅や空港は混雑が見られ、久々の遠出を楽しんだ人々が笑顔で行き交った。ただ新変異株「オミクロン株」が全国的に確認されており、今後の感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録