バット廃材でプラ代替素材 新法施行、引き合い相次ぐ

 バットの廃材を使ったプラスチック代替素材で商品化した皿とボウル、タンブラー(東京都立産業技術研究センター提供)
 バットの廃材を使ったプラスチック代替素材で商品化した皿とボウル、タンブラー(東京都立産業技術研究センター提供)
環境問題に取り組む東京都の企業が、野球のバット製造で生じた廃材を使い、プラスチックの代替となる新素材を開発した。熱に強く加工しやすいのが特徴で、食器やスプーン、フォークなどに幅広く活用できる。企業にプラ削減を求める新法が4月に施行されるのを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録