Free駒大2区田澤(八戸出身)、区間賞の快走/箱根駅伝

戸塚中継所で駒大3区の安原太陽(左)にたすきをつなぐ2区の田澤廉

第98回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、往路が行われ、駒大2区の田澤廉(八戸市出身)が1時間6分13秒の区間賞をマークする快走を見せた。

 2年連続で各チームのエースがそろう最長区間(23・1キロ)に起用された田澤は、トップと39秒差の2位でたすきを受けると、快調に飛ばして7・1キロすぎでトップに躍り出た。その後も大きくペースを落とすことなく、2位に1分4秒差、区間歴代4位のタイムで3区にたすきをリレーした。

 レース後、田澤は「トップクラスの選手がそろう中で区間賞が取りたかった。最後の1キロはきつかったが、1秒でも早く後ろにつなぐことだけを考えて走った」と話した。

 往路優勝は青学大で、駒大は3位だった。

………………………………………

※スポーツサイト「Dash」はこちら
https://www.dt-dash.com/

お気に入り登録