初日の出に多幸願う/八戸

雲間から顔を覗かせた新年最初の太陽=1日午前7時15分ごろ、八戸市の葦毛崎展望台 
雲間から顔を覗かせた新年最初の太陽=1日午前7時15分ごろ、八戸市の葦毛崎展望台 
雪が降ったりやんだりの不安定な天候だった1日朝の八戸市内。太平洋に臨む同市の葦毛崎展望台では、短時間ながら初日の出を見ることができ、訪れた人たちが手を合わせるなどして一年間の多幸を願った。 現地では日の出時刻の午前6時57分すぎ、厳しい寒さ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録