米高速炉開発に技術協力へ 原子力機構など近く覚書

 米国・ワイオミング州
 米国・ワイオミング州
米企業の高速炉開発計画に日本原子力研究開発機構と三菱重工業が技術協力する方向で協議し、近く覚書を締結することが1日、関係者への取材で分かった。同機構は原型炉「もんじゅ」(廃炉作業中、福井県)や実験炉「常陽」(停止中、茨城県)といった高速炉の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録