漆塗りの可能性を追求 八戸の島守さん

「技術を受け継ぎつつ、現代のライフスタイルに調和したデザインを生み出す」をモットーに、創作に取り組む島守宏和さん=八戸市鮫町のアトリエ
気鋭の作家、世界にも進出    「麗し」が語源とも言われる「漆」は、いにしえから日本人の美意識を刺激してきた。その美しさを現代につなぐ一人が、八戸市鮫町にアトリエを構える島守宏和さん(37)。2006年から津軽.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録