英雄「七勇士」に光を 八甲田雪中行軍遭難120年

険しい雪山で行軍を敢行する弘前隊の雪中行軍隊を撮影した「歩兵第三十一連隊雪中行軍隊写真第2号図」(青森県立図書館デジタルアーカイブより引用)
険しい雪山で行軍を敢行する弘前隊の雪中行軍隊を撮影した「歩兵第三十一連隊雪中行軍隊写真第2号図」(青森県立図書館デジタルアーカイブより引用)
1902(明治35)年1月、極寒の八甲田連峰で、雪中行軍を敢行した旧陸軍青森歩兵第5連隊199人が命を落とす山岳事故が発生した。後世に語られる大惨事に隠れ、ほぼ同時期に別ルートで八甲田を行軍した弘前歩兵第31連隊が1人の犠牲者も出さず踏破し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録