市民の足、これからも 八戸市営バス90周年

八戸市の十三日町バス停で利用者を乗せる市営バス=2021年12月10日
八戸市の十三日町バス停で利用者を乗せる市営バス=2021年12月10日
八戸市と階上町の一部で運行されている市営バスは2022年、営業開始から90周年を迎える。市民のほとんどが利用したことがある「最も身近な公共交通」。戦中戦後の混乱や自家用車の普及に伴う需要減といった時代の荒波に耐えながら、生活に不可欠な「足」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録