「トロ箱」椅子作るワークショップ  新八戸市営魚菜小売市場で使用

トロ箱を解体する山本耕一郎さん(右)ら
トロ箱を解体する山本耕一郎さん(右)ら
八戸市湊町のJR陸奥湊駅前のまちづくりを手掛ける「みちのくみなと未来」(駒井庄三郎社長)は、来年度完成予定の新しい市営魚菜小売市場の食堂で使用する、いす作りに取り組んでいる。海産物を入れる「トロ箱」と呼ばれる箱を再利用することで、ハマらしさ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録