【ヴァンラーレ-鳥取】堅守発揮できず3失点

八戸は今季最終戦を黒星で終えた。90分間を通して押し込まれる時間が長く、3失点はいずれもPKとセットプレーからと、持ち味の堅守を発揮できなかった。攻撃では惜しい場面すらすらつくれないまま無念の零敗。葛野昌宏監督は「攻撃の糸口をつかめなかった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録