利活用の具体策は「これから」/八戸市美術館開館1カ月

オープンから1カ月がたった八戸市美術館は、芸術・文化の拠点だけでなく、街なかに新たなにぎわいを創出する役割も求められている。新型コロナウイルス禍が拍車を掛け、中心街経済は以前よりも疲弊が激しい。開館後の11月17日に就任した熊谷雄一市長は、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録