個人消費回復基調 原油高に懸念も/青い森信金10月概況

青い森信用金庫は1日までに、青森県内の10月の経済概況を発表した。八戸地区の個人消費を見ると、新型コロナウイルスの感染者が減少した影響で、旅行などの外出用や冬場に備えた婦人服、紳士服、靴を中心に売り上げが回復基調。ただ、原油高によるガソリン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録