にじむ自覚、重責果たす 照ノ富士連覇、意地と戦略

 照ノ富士(右)が押し倒しで阿炎を下す=福岡国際センター
 照ノ富士(右)が押し倒しで阿炎を下す=福岡国際センター
白鵬のしこ名が番付から消えた最初の場所で、照ノ富士が一人横綱の重責を見事に果たした。双葉山、大鵬らに次ぐ新横綱優勝からの2場所連続制覇を達成。「一日一番、全部受けて立つという気持ちでいった」と自覚をにじませた。 勢いに乗る阿炎を退けたのは、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録