食品提供の新スタイルに 北奥羽、コロナ拡大で自販機導入増 感染予防、経費削減にも

ラーメンやギョーザ、手羽先や黒ニンニクなど、北奥羽地方でもさまざまな食品が自動販売機で提供され始めている(写真はコラージュ)
ラーメンやギョーザ、手羽先や黒ニンニクなど、北奥羽地方でもさまざまな食品が自動販売機で提供され始めている(写真はコラージュ)
新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、自動販売機で食品を提供する動きが加速している。非対面、非接触型で感染予防策を講じられるほか、人件費も削減できるメリットから注目度がアップ。北奥羽地方でも、レトルト食品やギョーザ、黒ニンニクなどを販売する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録