計画見直しの声相次ぐ ユーラスエナジーの風力発電

青森県環境影響評価審査会は26日、青森市で部会を開き、ユーラスエナジーホールディングス(本社東京)が計画する「(仮称)みちのく風力発電事業」の計画段階環境配慮書を審査した。事業想定区域が青森市や七戸町など6市町にまたがる計画に対し、委員から.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録