八戸―室蘭休止なら減収800万円 川崎近海汽船21年度見込み

青森県フェリー埠頭(ふとう)公社(藤田昇代表理事)は26日、川崎近海汽船(東京)が運航する八戸市と北海道室蘭市間のフェリー航路が休止した場合、本年度の事業収益が約800万円、通年ベースでは約3700万円の減収が見込まれるとの試算を明らかにし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録