いわてユネスコ科学賞 一戸南小の御所野愛護少年団に ガイド活動など評価

いわてユネスコ科学賞に輝いた御所野愛護少年団の柴田絢斗団長(右)と沼台結菜副団長
いわてユネスコ科学賞に輝いた御所野愛護少年団の柴田絢斗団長(右)と沼台結菜副団長
世界文化遺産に登録された一戸町の御所野遺跡でガイド活動などに取り組む、町立一戸南小(吉田武雄校長)の御所野愛護少年団が、岩手県ユネスコ連絡協議会(三田地宣子会長)から本年度の「いわてユネスコ科学賞」に選ばれた。御所野縄文公園の調査研究や、遺.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録