移設阻止へ最後のカード 玉城知事、辺野古設計変更に「ノー」

 米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部。右は軟弱地盤が存在する海域=20日(共同通信社機から)
 米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部。右は軟弱地盤が存在する海域=20日(共同通信社機から)
沖縄県の玉城デニー知事が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止へ「最後のカード」を切った。防衛省が申請した設計変更に突きつけたノー。政府側との決戦となる来年の名護市長選や知事選をにらみ、求心力の回復を図る狙いも透けて見える。政.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録