時評(11月26日)

虐待から守るため、子どもを親から引き離す一時保護について、厚生労働省は裁判所が妥当性を審査する「一時保護状(仮称)」の導入案をまとめた。中立的な司法を介在させることで、一時保護の可否判断について客観性や透明性確保が可能になり、保護をスムーズ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録