ホンダ、AIで運転支援 20年代後半実用化へ

 運転手に危険を知らせるシートベルト
 運転手に危険を知らせるシートベルト
ホンダは25日までに、人工知能(AI)を活用し、運転手の能力や状態に合わせて事前に危険を知らせ、注意を促す運転支援技術を公開した。世界初の技術で、2020年代後半の実用化を目指す。50年に同社の四輪・二輪車による交通事故の死者ゼロを掲げ、人.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録