天鐘(11月25日)

1950年代の初め、灰田勝彦さんが歌う『野球小僧(こぞう)』という曲がはやった。〈野球小僧に逢(あ)ったかい/男らしくて純情で…〉。元気で明るい野球好きな少年の歌である▼バットとグローブを持って野原へ駆けていく―そんな男の子の姿が浮かぶ。今.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録