大西洋マグロ枠257トン増 22年日本向け、計3483トン

 議論の対象となったマグロの管理区域
 議論の対象となったマグロの管理区域
大西洋クロマグロの資源管理を議論する大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)は、日本の2022年の漁獲枠を前年比257トン増の計3483トンにすると決めた。水産庁が24日、発表した。資源が回復傾向にあるとの評価を踏まえて全体の漁獲枠を増や.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録