業務提携、統合、自主独立- 岩手3地銀、探る生き残り策

(左から)岩手銀行の田口幸雄頭取、東北銀行の村上尚登頭取、北日本銀行の石塚恭路頭取
(左から)岩手銀行の田口幸雄頭取、東北銀行の村上尚登頭取、北日本銀行の石塚恭路頭取
全国的に進む地方銀行の再編で、青森県内では青森銀行とみちのく銀行が県内合併を選択したのに対し、岩手では県境を越えた動きが活発化している。岩手銀行は先月、秋田銀行(秋田市)と包括業務提携の締結で合意。東北銀行は7月にフィデアホールディングス(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録