参院選へ保守層意識 岸田首相、改憲論議に前傾姿勢

 憲法改正を巡る岸田首相の立場
 憲法改正を巡る岸田首相の立場
岸田文雄首相(自民党総裁)が憲法改正論議に前傾姿勢を強めている。来年夏の参院選をにらみ、保守層へのアピールを意識。最大派閥の会長で、改憲に積極的な安倍晋三元首相らに配慮し、党内基盤強化につなげる思惑も透ける。議論加速を唱える日本維新の会の衆.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録