巨額投資、雇用に影響も 脱炭素、競争力との両立鍵

 脱炭素に向けた産業界と政府の主な取り組み
 脱炭素に向けた産業界と政府の主な取り組み
気温上昇の抑制を追求することで一致した国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の文書採択を受け、日本企業と政府は二酸化炭素(CO2)の排出削減の取り組み加速を迫られる。脱炭素の技術革新には巨額投資が不可欠で、産業構造転換に伴う.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録