駆除害獣、動物園で餌に 千葉市、野生喚起効果も

 「屠体給餌」の実験でイノシシ肉を食べるライオン=2020年、千葉市動物公園(同園提供)
 「屠体給餌」の実験でイノシシ肉を食べるライオン=2020年、千葉市動物公園(同園提供)
千葉県内で捕獲されたイノシシなどの有害鳥獣を有効活用しようと、千葉市動物公園(同市若葉区)で飼育動物の餌として使う取り組みが始まっている。こうした取り組みは「屠体給餌(とたいきゅうじ)」と呼ばれ、欧米で先行。飼育動物が野生の感覚を取り戻す効.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録