メーカー社員自殺は労災 労基署認定、長時間労働でうつ病発症

2017年に工作機械メーカー「ソディック」(横浜市)の社員、大泉共生さん=当時(43)=が自殺したのは、恒常的な長時間労働でうつ病を発症したのが原因として、松本労働基準監督署(長野県松本市)が労災認定していたことが22日、遺族側代理人弁護士.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録