鳥インフル今季も流行懸念 発生3県で殺処分30万羽超

 鳥インフルエンザ 今季の発生状況
 鳥インフルエンザ 今季の発生状況
高病原性の鳥インフルエンザが、今季も全国的に猛威を振るう懸念が高まっている。鶏の殺処分数が過去最多だった昨年度に続き、既に一大産地の鹿児島を含む3県で4例が発生し、合計の殺処分数は30万羽を超えた。異なる由来のウイルスが確認されており、農林.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録