サバ不漁で八戸港に危機感 「前沖さば」認定にも黄信号 要件緩和含め関係者協議へ

八戸港に水揚げされたサバをチェックする仲買人ら=1日、八戸市第1魚市場
八戸港に水揚げされたサバをチェックする仲買人ら=1日、八戸市第1魚市場
八戸港は今年、多くの魚種で漁獲が落ち込み、水産関係者に危機感が広がっている。水揚げの主力を担う大中型巻き網は夏場以降、八戸近海の漁が不振。特にサバは11月中旬に三陸南部沖で漁場が形成されると、十数カ統の船団も一斉に宮城県へ拠点を移した。この.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録