会場新設ゼロ、改修最小限 札幌市の冬季五輪招致計画

 札幌市が招致を目指す冬季五輪開催地
 札幌市が招致を目指す冬季五輪開催地
2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市が、競技会場を新設せず、改修も最小限とする方針で計画を進めている。過去の長野と東京の両大会では後利用が進まず「負の遺産」とされる施設も。札幌でも維持費などを不安視する声が多く、市は経費削減.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録