Freeご当地鍋20種 体ぽかぽか 南部町で「あおもり鍋自慢」

晴天の下、温かい鍋料理を味わう家族連れ=21日午前9時50分ごろ、南部町ふるさと運動公園
晴天の下、温かい鍋料理を味わう家族連れ=21日午前9時50分ごろ、南部町ふるさと運動公園

22日は二十四節気の一つ「小雪」。日を追うごとに寒さが増す中、南部町ふるさと運動公園では21日、青森県内や岩手県北地方のご当地鍋が集まるイベント「あおもり鍋自慢」が開かれ、来場者は湯気を上げる多彩な鍋を食べながら体を温めた。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止されたため、2年ぶりの開催。

 会場では、料理家の栗原心平さんが考案した初登場の「南部太ねぎと菊ボールの鶏鍋」(南部町)やどんこ汁(階上町)、名物川蟹すいとん(三戸町)など地域の名物鍋20種類が提供された。同日は晴天に恵まれたこともあり、多くの行楽客でにぎわった。

 家族で訪れた八戸市の会社員堀切恵さん(38)は「久々のイベントなので楽しみにしていた。どの鍋もとてもおいしい」と満足げだった。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録