【貨物船座礁】船尾部でガス爆発 作業中の潜水士、打撲など軽傷

八戸海上保安部によると、21日午前9時15分ごろ、今年8月に八戸港沖で座礁した貨物船「クリムゾン ポラリス」の船尾部分で、撤去作業に従事する業者から「潜水作業中にガス爆発が発生し、潜水士が負傷した」と、八戸消防本部を通じて通報があった。負傷.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録