Free【活写・下北ジオパーク】なぎの海、オレンジ色に/尻労の朝日

穏やかな太平洋に朝日が昇る東通村尻労地区。海岸には数千万年かけて隆起した岩が広がる=20日午前7時ごろ
穏やかな太平洋に朝日が昇る東通村尻労地区。海岸には数千万年かけて隆起した岩が広がる=20日午前7時ごろ

東通村尻労(しつかり)地区の海岸で20日朝、穏やかな太平洋から朝日が昇った。水平線がオレンジ色に染まる中、多くの漁船がなぎの海へ繰り出した。

 尻屋崎から尻労地区の海岸では、プレートの動きにより、数千万年の時を経て隆起した下北半島で最も古い岩石が露出。貝などの死骸が堆積してできたチャートや石灰岩、砂岩や泥岩が混ざった「メランジュ」が観察できる。

 良漁場が近い尻労漁協の主要魚種はサケ、イカ、ヒラメ、ブリ、そしてマグロだという。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録