【大谷MVP】一人ゆく未到の道 簡素なフィナーレで栄誉

 2月、キャンプでの投球練習後、マドン監督(右から2人目)と話す米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(右端)=米アリゾナ州テンピ(共同)
 2月、キャンプでの投球練習後、マドン監督(右から2人目)と話す米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(右端)=米アリゾナ州テンピ(共同)
ラフなジャケット姿でオンラインの画面に一人で映っていた。家族に囲まれ祝福を受けるのが定番の米大リーグの最優秀選手(MVP)受賞だが、大谷のフィナーレは実に簡素だった。現代野球で前人未到の道を歩む姿を象徴するようなシーンで「けがなく1年間でき.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録