八戸中心街歩行者 昨年比4千人減の4万4千人 店舗数減少やコロナ影響

八戸市は19日、2021年の市中心街(三日町、十三日町、花小路)の歩行者通行量を公表した。調査を行った平日と休日を合わせた2日間の通行人は4万4221人で、昨年より3996人減少。路面店の閉鎖などがあった十三日町の通行量の減少幅が大きく、新.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録