高校野球でリーグ戦急増 14都府県、独自ルール

 リーグ戦参加校がある都府県とルールの主なポイント
 リーグ戦参加校がある都府県とルールの主なポイント
高校野球で独自のルールを採用したリーグ戦が、全国的に広がっている。春夏の甲子園大会など従来のトーナメント方式とは一線を画す取り組みで、参加校は昨年の3府県から今年は14都府県に急増、80校以上となった。コーディネーターの阪長友仁氏(40)は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録