挫折経て大輪の花 大谷、日米で選手の頂点

 大谷翔平 米国での二刀流の歩み
 大谷翔平 米国での二刀流の歩み
渡米4年目、二刀流は挫折を経て大輪の花を咲かせた。 大谷は1年目に「4勝、22本塁打」で新人王に輝いた。だが、その年の途中に右肘を故障し、オフには靱帯再建という大手術に至った。その後は左膝の手術も受け、昨季は0勝、打率1割9分と投打で極度の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録