6割が定住、地方人口増に 地域おこし協力隊12年

 地域おこし協力隊の隊員数の推移
 地域おこし協力隊の隊員数の推移
都市部から過疎地へ移住し、活性化に取り組む「地域おこし協力隊」制度が発足してから12年が経過した。参加した人のうち、約6割は任期終了後も活動地域に定着し、起業や就農するなど地方の人口増につながっている。一方、地域になじめず任期途中でやめる隊.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録