下水分析でコロナ感染者数予測 東北大など、仙台で実験

 新型コロナウイルス感染者数を予測する下水を使った実験のイメージ
 新型コロナウイルス感染者数を予測する下水を使った実験のイメージ
東北大や北海道大、山形大などの研究グループが、下水中の新型コロナウイルスの濃度を基に、1週間先までの新規感染者数を予測する実験を始めた。仙台市の下水処理場でサンプルを採取、過去のデータと突き合わせ、人工知能(AI)の機械学習で導き出した予測.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録