【貨物船座礁】船尾撤去の準備開始/八戸港沖

沈没した状態の船尾部分(右)の撤去に向けた準備に着手する作業船=18日午前11時40分ごろ、八戸港
沈没した状態の船尾部分(右)の撤去に向けた準備に着手する作業船=18日午前11時40分ごろ、八戸港
八戸港沖で8月に発生したパナマ船籍の貨物船座礁事故で、船主サイドは18日、来年4月から開始予定の船尾部分の撤去に向けた準備作業に着手した。沈没した状態の船尾は事故当時より沈下が進んでおり、船体の状態や海底の状況などを調べるとみられる。 日本.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録