党内グループの動向が焦点 立民代表選、構図固まる

 立憲民主党内の主なグループ
 立憲民主党内の主なグループ
立憲民主党代表選の構図が固まった。19日の告示直前に西村智奈美元厚生労働副大臣と小川淳也元総務政務官が名乗りを上げ、泉健太政調会長、逢坂誠二元首相補佐官と4人で争う。焦点は党内グループの動向。決選投票や今後の人事をにらみ、動きを活発化させる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録