「平和の大切さ伝え続ける」 今月八戸で映画と講話会/県原爆被害者の会

被爆体験を語り継ぐ28日の催しをアピールする青森県原爆被害者の会の藤田和矩さん=17日、八戸市 
被爆体験を語り継ぐ28日の催しをアピールする青森県原爆被害者の会の藤田和矩さん=17日、八戸市 
広島、長崎に投下された原爆の被爆者が高齢化し、記憶の伝承が課題となっている。青森県内の被爆者で構成する県原爆被害者の会も例外でなく、かつて約130人いた会員は38人に減少し、平均年齢は既に80歳を超えた。被爆体験を語り継ぐ市民向けの活動が困.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録