広がるご当地インクの輪 色との出合い、始まる旅

 それぞれの色に「物語」が込められた平山万年堂のご当地インク
 それぞれの色に「物語」が込められた平山万年堂のご当地インク
心に残る風景や街のイメージを表現した「ご当地インク」が人気を集めている。これまで約千色が発売されたとみられ、万年筆のユーザー層は若者にまで広がる。新型コロナウイルス禍の中、それぞれの色に込められた「物語」が、手にした人を旅にいざなう。 弘前.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録