アブラメの魅力、どう発信? 階上、工大二高生がPR方法模索

アブラメの魅力発信につなげようと工夫して撮影する生徒
アブラメの魅力発信につなげようと工夫して撮影する生徒
階上町教委は11日、八戸工大二高(明石進校長)の生徒9人と町の良さを発見、発信する「はしかみいいとこ広め隊」の活動を行った。生徒らは、町の魚アブラメ(アイナメ)をはじめとする水産業について学ぶため、はしかみハマの駅あるでぃ~ばを訪れ、町の魅.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録