着床前検査、保険適用議論 中医協、倫理面で慎重意見

 着床前検査を巡る中医協委員からの主な意見
 着床前検査を巡る中医協委員からの主な意見
中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は17日、会合を開き、流産を防ぐために受精卵の異常を調べる着床前検査に公的医療保険を適用するべきかどうかを議論した。委員からは倫理面を考慮して国民的な議論が必要だとし、慎重な検討を求める.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録