「希有な遺跡」と評価 是川縄文館で考古学講座

縄文時代の装いについて解説する栗島義明特任教授(右端)
縄文時代の装いについて解説する栗島義明特任教授(右端)
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館でこのほど、同館の企画展「装い―身を飾る人びと―」に関連する考古学講座が開かれた。明治大黒曜石研究センターの栗島義明特任教授が、縄文人が装う意味について講演。是川遺跡について、出土した装身具の特徴から「良質.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録