秋の深まり伝える 久慈・長泉寺の大公孫樹が見頃

黄金色に輝き、見頃を迎えた長泉寺の大公孫樹
黄金色に輝き、見頃を迎えた長泉寺の大公孫樹
久慈市門前の長泉寺(藤原耕道住職)の境内で「長泉寺の大公孫樹(おおいちょう)」が見頃を迎えている。葉が鮮やかな黄色に染まり、市民らに秋の深まりを伝えている。 市教委によると、樹高24メートル、幹回り22・27メートル。1930年の文部省調査.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録